ディズニーランドで離乳食、授乳室に困ったらベビーセンター

ワールドバザールのベビーセンター

赤ちゃんと一緒にディズニーランド。

・母乳やミルクをあげたいけど、授乳室ってあるの?

・離乳食持ってくるの忘れたのでパーク内で買いたい!

・オムツが足りない!1枚買わなきゃ!

このような悩みが急に出てきたりします。実際にうちの家族が全部起こったことです。

ディズニーランドのベビーセンターが全て解決してくれました。

妻が妊婦の時、赤ちゃんを連れて家族で来るようになって「ディズニーランドは本当に良くできているな」と感じます。

ゲストアシスタンスカードで妊婦の妻とディズニーデート

赤ちゃん連れの強い味方ベビーセンター内の様子を詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ベビーセンターの場所

ディズニーランドには、ベビーセンターが2カ所あります。
場所は、エントランスに近いモンスターズインクの乗り物近くと、トゥーンタウンエリア内です。

エントランス近く

ワールドバザールのベビーセンター

入場ゲートをくぐるとワールドバザールエリア(商店街のようなアーケード)の十字路を右に曲がり、アーケード出て右側にあります。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの場所

トゥモローランドエリアのゴーカート側から向かう場合は、モンスターズインクのアトラクションの奥に見えます。

モンスターズインク近くのベビーセンター

ソファー椅子の背もたれの真ん中がミッキーマウスの形になってて可愛かったです。細かいところもこだわってますね。

ベビーセンターのカワイイ椅子

トゥーンタウン

トゥーンタウンのベビーセンター

もう1つはトゥーンタウンにあります。
子供が乗れるアトラクションや楽しめるスポットがトゥータウンには多いので、近くにあるのは便利ですよね。

TOON TOWNの看板をくぐります。

トゥーンタウンのベビーセンター行き方

すると、左右に道が分かれるので、左側に進みます。

トゥーンタウンベビーセンターの場所

余談ですが、突き当たりにあるカフェのミッキーピザが大好きで良く食べます。

右奥に見える水色の建物がベビーセンターです。

トゥーンタウンベビーセンターの案内

正直、赤ちゃんが生まれるまでは、トゥーンタウンには良く来ていたのですが、あることを知りませんでした。

中の壁はお洒落にペイントされていました。通路が広くベビーカーも楽々通りました。

どちらのベビーセンターもベビーカーのまま入ることができるのでありがたいですが、トゥーンタウンの方が入りやすい印象でした。

トゥーンタウンベビーセンターの通路

営業時間と混雑状況

開園からオープンしているのかと思いきや、営業時間は日によって異なります。
基本は9:00~21:00です。

ディズニーランドベビーセンターの営業時間

混み具合ですが、どちらの場所も基本的に混雑しています。
特にランチ時は、結構混んでます。ベビーカーのまま入るのは難しいので、外に置いて入ることをオススメします。

ベビーセンター内の5個の空間

レストルーム、キッチン&ダイニング、おむつ交換室、授乳室、売店の大きく5つのスペースに分かれており、想像以上に設備が整っています。

レストルーム

ベビーセンターの設備

お手洗いです。
お子さんが使いやすいトイレや大人も使えるようになっています。

キッチン&ダイニング

ベビーセンターの混雑状況

食事スペースとキッチンです。

机と椅子が用意されていて、椅子はテーブル付きベビーチェア、や壁掛けタイプがあります。
赤ちゃんに離乳食やミルクをあげました。

ベビーセンターの風景

キッチンには、電子レンジ、お湯、ミルク冷まし、洗い場があります。
離乳食を温めたり、ミルクをお湯で作ったり、冷ましたりできます。

ご飯を食べ終えた食器をすぐに洗えるので、衛生的にもありがたいです。

ベビーセンターの設備

授乳室

母乳をあげる方向けに、授乳スペースも完備されています。

男性は入室することができず、女性のみなので安心して利用できると妻が言っていました。

おむつ交換室

ベビーセンターのおむつ交換室

オムツが交換できる台が多数あります。
ここに限らず、パーク内の男女トイレでは、おむつ交換が出来る場所がいくつもあります。

購入したオムツで、すぐに交換できるのは助かります。

赤ちゃんの売店

ベビーセンターでミルク、オムツが買える

僕ら家族が一番使っているのが売店です。
困ったときのベビーグッズが購入できます。

ベビーセンターで買える商品&値段

「今ないと困る!」が手に入ります。

販売している物は、粉ミルク、哺乳瓶飲み物、離乳食、おやつ、紙おむつ、ベビーカー用のレインカバー、おしりふき、日焼け止めクリーム。

うちがよく購入するのは、ストロー付きの紙パック飲み物。

ベビーセンターで買える離乳食

何度か買ったことがあるのはオムツです。
もちろん、予備は予想外にウンチを何度かに分けてした場合、こまめに変えてあげないと荒れてしまうので、緊急用として活用してます。

ランド内に薬局が入っていないので、ここは助かります。

ベビーカー用のレインコートや日焼け止めクリームまで購入できるんですね。

ベビーセンターで販売している商品

年パスを購入し、落ち着いて行動するようになってから園内の様子の見方がだいぶ変わってきました。

ディズニーの年パス購入者しか入れない場所を公開【写真あり】

値段はスーパーより高めに設定されています。

ベビー麦茶が320円、ベビージュースが350円、お菓子が190円。

おしりふき230円、おむつM154円。

レインカバー3500円。

2カ所の売店共に、販売している物や価格は同じでした。設備や広さにも大差ないので、お好きな方に行ってください。

離乳食や飲み物は、パーク内に持ち込む方が良いですが、緊急の時は活用してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃん服、スタイ、おもちゃに困ったら、シンデレラ城近くのベビーマインに行けば手に入るので、ディズニーランドは本当に赤ちゃん連れでも安心です。

ディズニーランドベビーマイン

しいて言うなら、反対側のビックサンダーマウンテンの近くにもベビーセンターを作ってくれたら、さらに助かるなと思いました。反対側にいた場合、移動するのが意外と遠いんですよね。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。