お替り自由!ランドのセンターストリート・コーヒーハウスで子連れランチ

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウス

ディズニーランドの一部レストランが事前に予約しないと入れないって、ご存知でしたでしょうか?

レストランによっては、なんと事前に予約が必要なんです。

プライオリティ・シーティングというシステムで、2016年4月15日から開始されました。

最初にレジで注文し、自分で席を探すタイプ(ビッグサンダーマウンテン横のカレーショップ等)は事前予約不要です。

2016年は年パスを購入したので、ディズニーランドを1つずつゆっくり楽しもうと決め、「今回はどっかレストランに行く」という目的で行きました。

年パスを購入してから焦ることなく、のんびりと楽しめるようになりました。「ディズニーの年パス購入者しか入れない場所を公開【写真あり】

以前、北斎という和食のお店に入った時、ゆっくりと静かに食事が出来たので、今回も北斎に行こうと考えていました。しかし、入店しようとするとスタッフから思いがけない一言が!

ディズニーランドの和食レストラン葛飾北斎

スタッフ「事前予約は御済みでしょうか?」
僕「してません。」

スタッフ「事前予約が必要となりました。受付にて当日空いている時間をご確認下さい。」

なに!?

お店の前の受付に確認してみると、「満席で16時30分なら入店できる」と言われ困惑。
ちょっと、お昼ご飯過ぎてる。ほぼ夜ご飯になるじゃん!と思い断念。

そんな中、日曜日の昼食時、当日予約にも関わらず、待ち時間ほぼ無しで偶然入店出来た「センターストリート・コーヒーハウス」を紹介します。

スポンサーリンク

完全予約制だが当日予約も出来る

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの予約は必須

冒頭でも紹介しましたが、2016年4月より、飲食店でプライオリティシーティングという制度が新たにできました。

ランド内で、利用前の事前予約が必要なレストランは5個です。(2016年8月時点)

  • センターストリート・コーヒーハウス
  • クリスタルパレス・レストラン
  • ブルーバイユー・レストラン
  • イーサイド・カフェ
  • レストラン北斎

この5つの場所で食事をしたい場合は、事前予約が必ず必要です。
簡単に予約方法を紹介します。詳しくはホームページに細かく書いているので、ここでは要点のみを記載。

予約方法は3つ

予約の手段は3つあります。
電話、インターネット(スマホ、PCどちらでもOK)、直接レストランに来店です。

一番確実なのは、前日までにWEBか電話で予約することです。
電話だと中々繋がらなかったので、ネットがおすすめです。

当日でも電話やネットから受けてくれるお店はありますが、慌ただしいですよね。

当日、ランドに入って、どうしてもレストランで食事をしたい場合は、直接お店に行くと良いです。
時間帯によっては、キャンセルが出て、すぐに入ることが出来ます。

記念にもなる予約表

ダメ元でセンターストリート・コーヒーハウスに足を運びました。
場所は、メインゲートから入り、アーケードの中央を右に曲がると右手に見えます。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの場所

試しに、受付で空いているかを確認すると「キャンセルが出ましたので、すぐにご案内できます」と、思いがけない回答が。
お昼時にも関わらず、待ち時間0で入店することが出来ました。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスは穴場レストラン

名前と人数を伝えると予約券を発行してくれます。
予約表も可愛いので、記念になります。帰宅して子供のアルバムに挟みました。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの予約表には名前が書かれる

案内の用意が出来るまで、待合スペースで座って待機。
暫くするとスタッフの方が来て、すぐに案内してくれました。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスは空いている

店内は思った以上に広々しており、子供が多かったです。
スタッフの方々の対応も良く、制服もカワイイ。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの店内の様子

円形のソファーテーブルもあり、子連れには良いです!

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの店内の様子1

ランチメニューと子供へのサービス

センターストリート・コーヒーハウスでは洋食を楽しむ事ができ、口コミも高評価でしたので楽しみでした。

ドリンクお替り自由!

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスのメニュー

ランチメニューはプレートで、ステーキ、エビフライ、ハンバーグと大人も子供も楽しめるラインナップ。
ベジタリアンの方には、野菜料理も用意されているのは嬉しいですね。

値段は約1700円~3000円。若干高い気もしますが、落ち着いた場所で食べれるので場所代込と考えると普通ではないでしょうか。

夏の暑い日、冬の寒い日、はクーラーや暖房のかかったレストランで、休憩できるのはありがたいですね。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスのメニュー1

デザートやドリンク単品もあるので、食事だけでなく、カフェとして休憩で利用することもできます。

ランチプレートには、サラダ、スープ、飲み物が付きます。
びっくりしたのが「ドリンクお替り無料」ということ。

無料ドリンク内のメニューであれば、ドリンクバーみたいに何杯でも飲めるんです。コーラを飲んで、食後にアイスコーヒーなど別の物も頼めるのが魅力ですね。

自分で注ぎに行くタイプではなく、店員さんに言うと持ってきてくれます。そう考えると価格が安く感じました。

子供も嬉しい仕掛け

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの子供用ランチマット

食事を注文すると、子供用にランチマットとエプロンを持ってきてくれました。

このランチョンマット、仕掛けがあって、ディズニーキャラクターが起き上がります。
子供と一緒に起き上がらせて、楽しんでました。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスのランチマットが可愛い

エプロンもミッキー、ミニーのイラストが描かれていてカワイイ!
子供も楽しく食事が出来る仕掛けが施されていました。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの子供用エプロン

料理の味とボリューム

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスの飲み物は飲み放題

エプロンやランチョンマットで遊んでいると、スープと飲み物がきました。

ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスのランチスープ

ベジタブルスープはソーセージと野菜が入っており、コンソメ味でした。
温度も熱く、美味しくいただきました。

10分程すると、料理が運ばれてきました。
注文したのは、「ハンバーグ&ソーセージ」「香草風味のチキン」。

センターストリート・コーヒーハウスのハンバーグランチ

ハンバーグには、ミッキーの形をしたポテトがついてました。さすがディズニーです。
ジャガイモにはトロトロのチーズがかかっていて妻も大喜び。

チキンは、香ばしい香りが食欲を掻き立てます。
ライスも同じプレートに乗っており、綺麗な形をしています。

センターストリート・コーヒーハウスの鶏のソテーランチ

第一印象は、美味しそうだけど量が少ないな、と感じました。
そんな不安も食べた後には無くなってました。

食べ終わった後「ボリュームあるね」と妻と僕の感想が同じでした。

少なそうに見えて、ボリュームあります!ジャガイモが思った以上に大きいです。僕は良く食べる方なんですが、お腹いっぱいになりました。

味は美味しかったです!子供もバクバクとハンバーグを食べてました。

■まとめ

今回学んだことは、ディズニーランド内でゆっくり食事を取りたい場合は、前日までに(できたらもっと早く)レストランの予約をしておくことです。

センターストリート・コーヒーハウスは、ゆったりしており、食事の味、ボリュームも満足でした。なんといっても飲み物お替り自由には驚きました。嬉しいサービスです。

店内は、子供も多く、泣いたり、騒いだりしている子もいたので、赤ちゃん連れでも安心して入れます。
また、席もスペースがあるので、周りのお客さんの圧迫感もなく、落ち着いて食事が出来ました。

因みに、今回の事をきっかけに、ネットから事前予約をして行くようになりました。
WEB予約をすると下のような画面が表示されます。

ネットでディズニーランドのレストランを予約してみた

これで待ち時間なしで安心して食事ができますね。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。