グランピング初体験!初島アイランドリゾートを120%満喫してきた

トレーラーハウスのハンモック

アラサーの男4人が、海外で大人気のグランピングを初島アイランドリゾートで体験してきました。

そんなワード初めて聞いた!と言う方もいらっしゃるかと思います。
グランピングとは、「魅力に満ちたキャンプ」のことで、欧米でスタートした新感覚のキャンプです。

豪華な施設でキャンプのように自然を満喫することです。
「自然を堪能したいけど、寝袋で寝るのは嫌!フカフカした布団で寝たい!」という人にはもってこいです。
まさに良いとこどりですね!

日本で有名な場所は、星のやが運営する「星のや富士」です。料金がむちゃくちゃ高い。

今回は東京から2時間以内で行ける、熱海の初島リゾートアイランドに行ってきました。

施設、空中アスレチック「サルトビ」、温泉、手ぶらバーベキュー、スーパーやコンビニの情報やグランピングの感想まで、初島アイランドリゾートを120%楽しんだ内容を紹介します。

スポンサーリンク

フェリーにコンセントが!

初島に向かうフェリー
新婚旅行と言えば熱海ですよね!(古い・・・)
まるでハワイのような景色が広がっていました。

熱海のハワイのような景色

熱海駅からフェリー乗り場までは歩いて30分。
太陽が照り付けていたので、暑くてしょうがなかったですが、道中の風景を楽しみながら向かいました。
日サロ代わりにベンチを使う人もチラホラ。

熱海で日焼けする人

バスかタクシーで行くことをオススメします。

熱海から初島に向かうにはフェリーに乗る必要があります。
向かう船は1日9本。

初島に向かうフェリーの時間

フェリーの料金は、往復で2400円。僕たちは、リゾートアイランド宿泊プランなので1920円に割引されました。

初島に向かうフェリーの料金

チケットを購入して早速フェリーに乗車。
船は3階建てで、上の階の展望デッキは、カモメにエサをあげる事ができるので大混雑。まるで満員電車に乗っている気分です。

初島フェリーの屋上

ゆっくりしたかったので、一番下の階に行きました。
一番下の階は景色が半分海の中なのでガラガラでした。
わざわざフェリーに乗って、水際の景色を見たいとは思わないですもんね。

初島に向かうフェリーの一番下の階

なんとの階にはコンセントが付いていて、自由に使えるんです。
靴を脱いで横にもなれるし、カメラやスマホの充電もできるので穴場でした。

初島に向かうフェリーのコンセント

フェリーに揺られること約30分、到着すると大きな看板と飲食店が出迎えてくれます。

初島の出迎え

南国の雰囲気が漂うアジアンガーデン

アジアンガーデン
フェリーを降りてから宿泊施設までは歩いて20分程でした。意外と歩きます。
道中も飽きる事無く楽しめます。

大量の伊勢海老もいます。

初島のイセエビ

東映の撮影のような風景があったり。

初島の東映

そんな非日常の景色を眺めながら歩いていると受付施設が見えてきました。

初島アイランドリゾートの受付施設

中に入り、予約をしていたのでチェックインをしました。

初島アイランドリゾートの受付の人

受付で名物の空中アスレチック「サルトビ」の予約ができるので早速お願いしました。
なんと待ち時間90分。初島のビッグサンダーマウンテンやー。

初島アイランドリゾートのサルトビ待ち時間
営業時間も短いので、やりたい場合は早めの予約必須です。

初島アイランドリゾート全体の地図もあり、事前に頭に入れておくと便利です。

初島アイランドリゾードの全体図

宿泊施設へ向かう途中にアジアンガーデンがあり、ココがなんとも素敵な雰囲気。
日本じゃないみたい!

アジアンガーデン

ハンモック、椅子、テーブルやカフェもあるので、ゆっくりとくつろぐことができます。
こういう機会でもないと、ハンモックに転がることなんてないですよね。
あまりの気持ち良さに30分程いました。

宿泊をしない場合は、大人900円の入場料がかかります。
入園セットというフェリーとセット割引があるので、もし入園するなら切符購入時に買っておくのがベスト。

コテージに泊まる人は無料で利用できます。
営業時間は、夏場は9時から16時。それ以外は10時から16時です。

トレーラーハウスに宿泊

初島アイランドリゾートのグランピング
のんびりとした雰囲気の中、アジアンガーデンを抜けると、ついに今回の旅のグランピング施設!
トレーラーハウスがたくさん並んでいます。

近づくとビックリ!ここにもハンモックが2つ付いていました。
むちゃくちゃテンション上がります!

トレーラーハウスのハンモック

テント、バーベキュー設備、テーブルとイスも完備されています。

初島トレーラハウスのテーブルとイス

荷物を置くためにトレーラーハウスの中へ。
想像以上に広いです!

初島アイランドリゾートのトレーナーハウス内のソファーベッド

設備とアメニティ

トレーラーハウス内の設備を一通り説明します。
宿泊時の持ち物準備の参考にして下さい。

大きなベッド!このベッドで2人寝れます。

初島アイランドリゾートのトレーナーハウス内のベッド

まだまだベッドはあります。端には2段ベッド。明らかに狭そうですが、本当に狭いです。

初島アイランドリゾートのトレーナーハウス内の2段ベッド
試しに上の段に登り、寝てみました。圧迫感が凄い!
じゃんけんで負けた人が2段ベッドで眠りました。

初島アイランドリゾートのトレーナーハウス内の2段ベッドに上る

初島アイランドリゾートのトレーナーハウス内の2段ベッドに寝てみた

実はもう1つあります。
ソファーがソファーベッドになるんです。

これだけ寝るスペースがあれば4、5人は眠れます。

食事をするのに必要な調理器具も揃っています。
鍋、炊飯器、電気ケトル、食器。

トレーナーハウス内の食器、電化製品

冷蔵庫、冷凍庫、ガスコンロ。

トレーナーハウス内の冷蔵庫とコンロ

調味料系も完備。
白ワイン、オリーブオイル、塩コショウ、しょうゆ、つまようじ。

トレーナーハウス内の調味料

フライパン、アルミホイル、サランラップ。

トレーナーハウス内のサランラップ

手洗い場には、ドライヤー、手洗い石鹸、歯ブラシ、ボディーソープ、シャンプー、タオルまで。

トレーナーハウス内の洗面道具

ボックスティッシュや懐中電灯もあります。男性の場合、特に持参する物は無いです。
リンスが無いので、必要な人は持参してください。

食事

初島アイランドリゾートでのバーベキュー
夜ご飯と朝食は付いています。
食材が用意されているので、自分で食材の準備入りません。

トレーナーハウス横のバーベキュースペースで調理します。
これがまた楽しかった!

夕食で用意されていた食材は肉、野菜、伊勢海老!

初島アイランドリゾートでのバーベキュー食材

これら食材を外のコンロで焼きました。
炭火ではないので、火をおこす手間がいりません。バーベキュー初心者なので助かりました。

伊勢海老は、鍋に野菜とを入れて、ニンニク、白ワイン、塩コショウで味付けし、アクアパッツァ風に仕上げました。
外で食べるご飯は美味しい!

初島アイランドリゾートでのバーベキューでアクアパッツァ

朝食は、食パン、ハム、チーズ、野菜、ジュース、コーンスープが用意されています。

初島グランピングの朝食

ホットトーストを作る機械があるので、具材を食パンに挟んで焼くことに。

初島グランピングの朝食1

初島グランピングの朝食3

電子ケトルで沸かしたお湯をコーンスープに入れて、ホットトーストと一緒に食べました。

初島グランピングの朝食4

初島グランピングの朝食5

朝食時は注意が必要です。上空には鷹が飛んでおり、テントから出て歩きながら食べていると後ろから鷹に食べ物を狙われます。

僕はやられました。気付いたら右手に持ったホットトーストが取られてました。むちゃくちゃ怖かった。

必要な道具や食材がすべて用意されているので、荷物にもならないし最高!

これぞグランピング。

サルトビで空中散歩

サルトビの看板
夕食前は事前に予約した初島名物のサルトビを体験しました。

サルトビとは、空中で行うフィールドアスレチックです。地面から6mぐらい離れた場所にコースがあり、スリルと開放感が楽しめます。

落ちても大丈夫なように、安全ベルトを装着します。

サルトビの安全装置装着

コースは2種類あり、大人でも十分に楽しめました。

サルトビのコース看板

営業時間

夏場とそれ以外で異なります。
アジアンガーデンと同じで、夏場は9時から16時。それ以外は10時から16時です。
木曜日は休みになってます。

料金

大人が1,600円で、子供が1,200円です。
クーポンや乗車券とのセット割引はなかったです。

・事前に知っておくと便利な事

・人気ですぐいっぱいになるので、初島に着いたら早い段階で予約をすべきです。

・動きやすい服装をおススメします。(靴やズボンのレンタルもありました)

・高所恐怖症の人は恐いかも。
6Mって意外に高いんですよね。怖かった。

サルトビを体験

・年齢が5才以上、身長が110cm以上が必須。

・トイレ、自動販売機、コインロッカーが完備されていました。

コンビニやスーパーは夜営業している?

エクシブ初島クラブの売店1
食材や必要な物が用意されているとはいえ、急に欲しい物が出てきますよね。
お酒とか、お菓子とか。
そんな時はどこで買うことが出来るかを調査しました。

初島アイランドリゾートにはコンビニはありませんが、売店とスーパーがあります。

初島のスーパー

スーパーはフェリーを降りた辺りです。
島のスーパーでは、お酒、調味料、カップ麺、お菓子と結構なんでもあります。

初島のスーパー1

野菜、肉等の生物も置いていました。

初島のスーパー2

営業時間に注意が必要です。朝は早く7時半からオープンしているんですが、夜が5時までです。
夜に小腹が空いた時に買い出しできないんです。

必要な物がある場合は、トレーラーハウスに行く前に、フェリーを降りてすぐ購入しておいた方が良いです。

では、夜5時以降で食材を買える場所ですが、2つありました。
・エクシブ初島クラブと島の湯温泉の売店です。この2つは夜遅くまでオープンしていました。

温泉の売店は夜9時まで営業しています。

島の湯の売店
お菓子やカップラーメンは、ほとんど扱ってません。
飲み物やアイスを多数販売しています。

エクシブ初島クラブはトレーナハウス近くにあるホテルです。

エクシブ初島クラブ

ホテルでは、カップ麺、アイス、スナック、おつまみ、お酒が多数置いてました。
営業時間は夜10時までと遅くまでやってます。

エクシブ初島クラブの売店

温泉や他施設

初島の温泉島の湯
お風呂はドラム缶ではなく、島の湯という温泉がありました。
営業時間は朝の10時から夜9時までと夜は早めに閉まります。

洗顔石鹸も販売しているので、ここでも手ぶらで大丈夫です。
タオル、シャンプー、ボディソープはトレーラーハウスから持って行きましょう。

島の湯からの景色は最高です。目の前が海!海!
プールみたいですが、ちゃんと温泉でした。

同じ敷地内に夏場のみ営業しているプールもあります。

宿泊施設の近くには、テニスコートがありました。
サークルの夏合宿はココで決まり!

初島アイランドにテニスコートもある

グランピングの感想

初島「またのお越しをお待ちしております」
キャンプはしたいけど、ベッドで寝たい、道具は持って行きたくない、ゆとりの僕達は大満足でした。
評判通りです!

初グランピングでしたが、また別の場所で体験する予定です。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。