ゲストアシスタンスカードで妊婦の妻とディズニーデート

アシスタントカードの表紙

ディズニーランドで初めてゲストアシスタンスカードを利用しました。

ゲストアシスタントカードの使い方、人数、発行場所などを紹介します。

※この情報は2015年6月時点で実体験を元に書いています。

スポンサーリンク

妊娠7ヶ月の妻がどうしても子供が産まれる前に、もう一回ディズニーに行きたいと、おねだりしてくるので行ってきました。

そもそも、そんな物があることを知らなかった私たちなんですが、入場ゲートの部分で呼び止められました。

妻の大きくなったお腹を見て(明らかに妊婦)、キャストが優しく声をかけてくれて案内してくれたんです。さすが夢の国。ちょっと感動しました。

ゲストアシスタンスカードとは

身体障害者の方や、高齢者、妊婦さん、怪我をされている方など体力が一般の方に比べて低下している方を対象としたサポート証明証のようなものです。

このカードを持参していると、待ち時間のあるアトラクションの列に並ばずに乗る事ができます。

厳密には、待ち時間を列に並ばず、別の場所で待機していて、待ち時間分だけ時間を潰して戻ってくると、すぐに乗れますよというものです。

何か裏技みたいなもですが、確かに、体が不自由な方や1次的に体力が落ちている人は長時間も列に並べないのでありがたいシステムです。

妊娠初期でも使用できるそうです。妻はとてもお腹が大きくなっていて、長時間立つことができないので、本当に喜んでました。

予約が必要?当日発行可能?

ゲストアシスタントカードは予約することもできますが、当日発行も可能です。事前予約の方法は電話でお願いするそうです。

入園1ヶ月前から予約が可能なので、前もって行くことが決まっている人は予約しておくのもありですね。

ただ、予約をしておかなくても当日すぐに発券してくれたので問題なかったです。(僕達の場合は存在さえ知らなかったので予約どうこうじゃないですが・・)

発行場所と発行方法

ゲストアシスタンスカードの発行場所はゲストインフォメーション(総合案内所)です。

受け取り場所
これはディズニーランドもディズニーシーも、もらえる場所はゲストインフォメーションセンターです。

ディズニーランドの場合は、入場ゲートを入ってすぐ左手側にあります。(シンデレラ城に向かって左側)

発行方法はカウンターの人に、「妊娠中なのでゲストアシスタンスカードもらえますか」と理由を告げます。

案内所でもらえます
必要な物は、発行者と同伴者の入場パスポートのみでした。母子手帳とか必要なのかと思ったんですが、いらないそうです。

夢の国で嘘つく人なんていないですもんね。受付が終わるとすぐにゲストアシスタントカードを発行してくれました。

人数は何人まで

発行した本人だけでなく、同伴者も同様の資格を受けることができます。1枚のゲストアシスタントカードで本人以外に3人いけます。

人数で言うと4人です。今回で言うと妻の名前で発行していますので、私と合わせて2人。

妊娠中のディズニーランド
4人家族で妊娠中だと家族全員がサポート資格を得ることになります。

使い方

ゲストアシスタンスカードの使い方は非常に簡単でした。

乗りたいアトラクション乗り場に行き、案内をしているキャストにカードを見せ、「これを使いたいです」と伝えます。

するとキャストさんがアトラクションの注意事項(段差を降りる箇所があります、少し揺れる箇所があります、バーがお腹にあたります、など)を丁寧に説明してくれます。

説明後に「大丈夫ですか?」と聞かれ、本人がOKならゲストアシスタントカードに記入をしてくれます。

例えばこんな感じです。

ゲストアシスタントカード書き方
アトアクション名、キャスト氏名、利用時間です。利用時間は、現在の時刻から待ち時間を足した時刻が記載されます。

記載された時間に戻ってきてくださいということです。今回なら「12:00に戻ってきてね」となります。指定された時間までは自由にカフェやベンチに座って時間を潰すことができます。

時間になって乗り物乗り場に戻ると、スタッフの方がファストパスと同じ入り口から案内してくれました。

アトラクションによっては、割り込み気味に乗り場まで案内してくれました。

回りからみたら「何で割り込み?大御所か!?」と思われていたかと思います。妻はさておき、僕は元気なので後ろ目たかったです。

ファストパスと併用できる?

ゲストアシスタントカードとファストパスは併用できます!キャストにちゃんと確認しました。ただ今回は併用しませんでした。

ただでさえ、列に並ばなくて良いという特典を頂いているので。併用はできるので使ってみてください。キャストが言うには、ファストパスに更に列に並ばない感じです。

非常に親切なサポートを受けることができるゲストアシスタンスカードですが、中には、サービスを悪用する人もいるらしいです。

偽善者ぶるつもりはないですが、発行に確認がないからといって悪用するのだけは辞めましょう。

健全な人が乗り物を並ばずに乗りたいがために使用することが増えると、運営側も中止せざるおえなくなり、本当に必要な人がサービスを受けれなくなってしまいますので。

せっかくの夢の国なので楽しく遊びましょう(^^)妊婦さんでディズニーランドやシーに行こうと考えいるけど不安な方は、是非使ってみてください。

スタッフの方々も親切なので妊婦さんでも安心して楽しむことができました。

2016年は年パスを初めて購入してみました。「ディズニーの年パス購入者しか入れない場所を公開【写真あり】
もちろん年パスとの併用は可能です。

今回は、マジックキングダムを使用して、入園料を割引きしてもらい、2人で1000円以上、お得に入場できたので、言うことなしでした!
ディズニーランドで割引きを受ける7つの方法

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。