東京の新福菜館は、まずいのか京橋店舗と比較

新福菜館麻生十番店

僕の大好きなラーメン店を紹介します。
名前は「新福菜館」。中華料理屋ではありません。
京都に本店があり、東京にも進出した醤油ラーメンのお店です。
本店、京橋店、麻布十番店と行ったことがあるのですが、「各店舗の違い」「メニュー」「混雑状況や待ち時間」「店舗一覧」についてお話します。

スポンサーリンク


「美味しい物は脂肪と糖分でできている」というCMを目にしますが、止めて欲しいですね。
ラーメン好きなので、角砂糖何個分!なんて出されると恐いじゃないですか。
あんまり気にはしませんが、いい気はしないんですよね。

糖分と脂肪で出来ている大好きなラーメンですが、関西在住時代から良く行っていたお店があります。
それが新福菜館です。
京都駅から徒歩10分の場所に本店があり、ご飯時はいつも満席で行列が出来ています。
16時くらいに時間をずらしても、混雑しているという繁盛ぶり。
黒いスープにしっかりとした麺、黒い焼きめしが有名です。

京都に行ったときは、必ずと言っていいほど、本店に足を運んでいました。
でも、大阪の京橋にも広いお店があったので、京橋kiki店に通うことの方が多かったです。
東京に住み始めて、どうしても新福菜館の味が懐かしくなり、お店を探していると、麻布十番にオープンしていたんです!
いわゆる東京初進出!これはもう行くしかありません。
すぐに食べに行きました。

同じ店舗でも本店、京橋店、麻布十番店とでは何かと違う物もありました。
味、混雑状況などなど。もちろん同じ物も多数ありました。

混雑状況と待ち時間

圧倒的に混雑しているのは、麻布十番店です。店内が狭くて、10数人しか座れません。
14時頃食べに行ったのですが、行列ができてました。待ち時間としては大体20分くらい。
なんで麻布十番にしたんでしょうね。ここのお店ならファンも多いのでもっと綺麗で広い場所にお店を出しても繁盛するんじゃないかと思いました。

新福菜館麻生十番店の行列

京都駅近くの本店も混雑はしていますが、回転が速いので、待ち時間はそんなにありませんでした。
比較的空いているのは、京橋kiki店です。ご飯時をずらせば待ち時間なしです。
しかも店内が広々としており、綺麗です。

いつ行っても東京は行列ができてました。

新福菜館

個人的には、京橋店がオススメです。

メニュー

メニューに関しては、どこの店舗も同じです。
値段も同じでした。
ラーメン並で1杯700円、焼きめしは小が400円、並が500円、大が600円。

新福菜館のメニュー

僕はいつもラーメン(並)と焼きめし(並)を注文します。もぉ大好きなんですよね♪
妻はいつもチャーシュー麺と焼きめし(小)
新福菜館は普通のラーメンでもシャーシューがたくさん入ってるんです。
チャーシューはチャースラというチャーシュースライス専用の機械で切ってくれます(笑)

チャースラ

メニューは店ごとで変わらないのでどこでも同じです!

新福菜館の味ですが、まずいなんて言う人もいますが、僕は大好きです!
妻もまずいなんて言った事はありません。

各店舗での味は違いはありました。
麻布十番店はやや薄い気がします。
本店と京橋店は、ほぼ同じでした。

こちらが京橋店のラーメン。

新福菜館京橋店のラーメン
こちらが麻布十番店のラーメン

新福菜館のラーメン
麻布十番店のチャーシュー麺

新福菜館のチャーシュー麺通常よりもチャーシューの量がちょっと多いです。

京橋のチャーハン

新福菜館京橋店のチャーハン
麻布十番のチャーハン

新福菜館の焼き飯(チャーハン)
色が全然違う(笑)
何故かちょっと薄いんですよね。

東京に大好きな味の新福菜館が出来たのは嬉しいです!
麻布十番店の営業時間は11時~14時30分と17時~20時30分で、日曜日が定休日です。

因みにバイトの募集もしてました。

新福菜館のバイト募集
興味のある方は是非。

店舗一覧

残念なことに、店舗一覧としては載ってないので、自分なりに調べました。
漏れがあるかもしれませんが、お許し下さい。

京都が発祥で直営店は京都駅にある本店で、後はのれん分けという位置づけです。

東京が3つ。
人形町と秋葉原と麻布十番です。

京都が8つ。
京都駅のすぐ近くにある本店と神宮丸太町駅近くと太秦天神川駅近くと上桂駅近くと伏見と東土川と今治と久御山です。

滋賀は石山寺と大津京。

大阪は2つ。
京橋駅近くと太子橋今市駅または守口市駅近くです。

クーポンは色々なサイトを探してみましたが、一切見つかりませんでした。
ラーメン屋でクーポンがある方が珍しいんでしょうか。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。