スズキ歴史館が面白い!無料でおみやげのミニカーが貰えた

浜松のスズキ歴史館

車が出来るまでの流れって知ってますか?

静岡県浜松市の「スズキ歴史館」で車について学ぶことが出来るんです。

浜松に観光で行った際、駅近くで気軽に行ける観光スポットはないかと探していたら見つけました。

僕自身、特に車に興味があるわけではないのですが、浜松と言えばスズキのおひざ元、せっかくなので行ってみることに。

見学してみてビックリ!子供だけでなく、大人も楽しむことが出来ました。そんな「スズキ歴史館」の魅力を存分に紹介します。

スポンサーリンク

無料で楽しめるスズキ歴史館とは

スズキ歴史館とは、スズキの歴史、新車の展示、車の設計から製造工程を楽しく学ぶことができる場所です。

工場見学とは少し違いますが、実際に見て、聴いて、触って楽しむことができる参加型になっていました。

浜松駅から近い

こういう施設は駅や都市部から離れていることが多いですが、浜松駅から車で10分と立地が非常に良いです。

車だけでなく、駅からも近いです。浜松駅から1駅目の高塚駅から徒歩10分です。

路線バスでも行くことが出来ます。アクセスが良いので、浜松に観光に来て、残り2時間空いた!など空き時間を利用して行くこともできます。

歴史館の目の前には本社があります。

スズキ本社

入館料、駐車場代はタダ!

見学は無料で出来ます。無料だからといってもあなどれません。歴史館の中は広くタダとは思えない作りになっていました。

お車でお越しの方は、駐車場が併設されていました。しかも駐車料金もタダです。お金かからないのは本当に嬉しい。

スズキ歴史館の駐車場

予約なしは危険!

注意点としては、来館前に事前予約が必要です。
予約方法は、電話またはインターネットからできます。

歴史館のスタッフに「実際、予約なしでも入れますか?」と聞いてみました。

「基本的には、予約なしでも大丈夫ですが、団体が入られたり、混雑時は一時的に入館をお断りさせて頂くこともございます。」と、親切に答えてくれました。

予約なしや当日予約も出来るそうですけど、前日までにしておいた方が確実です。

営業時間と定休日

営業時間は9時から16時30分です。所要時間は約2時間です。

定休日は毎週月曜日です。それ以外にも年末年始や大型連休に休みがあるので、事前にホームページで休みかどうか確認することをおすすめします。

限定グッズ

入館したら、最初に受付をします。入るといきなり車やバイクがお出迎えしてくれます。

スズキ歴史館の限定グッズ

上の写真の右奥に見える自動販売機で、限定グッズの販売がありました。限定グッズはオリジナルキャラクターのマグカップやタオルです。

1階は受付、グッズ販売、新車の展示がされていました。車やバイクには実際に乗ることができます。試乗(走行)はできません。展示車種は時期によって変更になります。

スズキ歴史館の1階展示スペース

バイクに乗って記念撮影もできます。親子で並んで写真を撮ると良い記念になります。

スズキ歴史館の親子記念撮影コーナー

受付を終えて、記念写真を撮ったので、メインの2階、3階へ!荷物が多い場合は、コインロッカーがあるので、預けることができます。(お金は返却されるタイプでした。良心的すぎます。)

スズキ歴史館のコインロッカー

車の製造工程や歴史が学べる

建物は3階建てで、2階は車が出来るまでの流れと海外展開と地元浜松を紹介しています。

スズキ歴史館の2階案内図

開発ゾーンでは、企画から実験までを体験することができます。

企画部分では、会議室をイメージした大きな机、椅子とモニターがあり、実際に座ってボタンを押すと会議が始まります。座っているだけで優秀な社員になった気がしました。因みに日本語と英語が選択できます。

自動車設計企画会議

デザインでは、パソコンの画面を使って車の色などを決めることができます。

自動車デザイン作業現場

歩いていると車のボディーが切り取られ、エンジンルームがむき出しになった車体がありました。なかなか普段見ることが出来ないのでワクワクしっぱなしです。

4輪自動車をまっぷたつ

自動車の組み立て工程もありました。実寸大のサイズなので迫力あります。本当に工場見学をしている気分になりました。

4輪の組み立て工程

未来の車コーナーでは、少し変わった車が展示されていました。ドラえもんで出てきそう。

スズキの未来自動車

車内がまた面白い!運転席と助手席の背もたれがないです。後部座席と行ったり来たりできて楽しそう。いずれこんな車も出てくるんでしょうね。

スズキの未来自動車の車内

会社についてのお勉強もしてきました。日本国内のどこに工場があるかご存知でしょうか?

スズキの国内生産拠点

僕は、全国に工場があると思っていたんですが、静岡県がメインで5工場あり、愛知県に2輪の工場が1つあるだけなんです。これからは知ったかします。

海外での活動について動画をじっくり見ました。

スズキのワールドアドベンチャー

そして、世界の生産拠点や各国の文化を学んで3階へ上がりました。

スズキのグローバル展開

3階ではスズキの歴史が展示されています。

スズキ歴史館の3階案内図

創業は織機メーカーということもあり、織機の展示からスタートでした。

スズキの創業は織機

歴代の2輪車や4輪車が相当数展示されていました。「あっ!これ昔乗ってた!」と言って盛り上がります。

スズキの昔の4輪と2輪

ココがスゴイ!(ミニカー&ミニシアター)

スズキ歴史館で特にスゴイと感じたブースが2つありました。どちらも2階にある樹脂成型とファクトリーアドベンチャーです。

樹脂成型コーナーでは、形を作る工程が視覚で楽しめるようになっています。右側のボタンをクリックすることができます。

スズキ歴史館の樹脂成型

成型の風景が動画で流れ始めます。

樹脂成型でミニカー

最後に、コロンとカプセルが出てきました。

スズキ歴史館でカプセルが貰える

中身はなんとミニカーです。おみやげとして貰えます。流し見していたら確実に見逃します。1人1個貰えるので子供も大喜びです。

スズキ歴史館のおみやげ

もう1つは、3Dシアターです。

ファクトリーアドベンチャー3Dシアター

4輪車の製造工程を3D映像で見ることができます。シアターが本格的なんです!音、振動による揺れ、3D映像、水しぶきまで!まるで浜松のディズニーランドです。

シアターはいつでも見れるわけではありません。9時30分から16時の間で1時間間隔で上映しています。上映時間前になると館内アナウンスが流れます。見る価値あります。

ファクトリアドベンチャーの上映時間

3D眼鏡は上映後におみやげとして持って帰ることができます。

オススメ!?感想を本音で!

全てのブースをしっかりと見て回ったら2時間くらいかかりました。

お分かりかもしれませんが、スズキ歴史館、かなり楽しめます。

一緒に行った友人5人とも「思っていた以上に面白かった!」と満場一致。

浜松の観光名所は、うなぎパイファクトリーだけじゃないです!「予約不要!うなぎパイファクトリー工場見学で記念品をGET

休日にも関わらず、館内は空いていたので、ゆっくり見ることができました。浜松の穴場観光スポットですね。

浜松駅から近くて、お金をかけずに楽しめて、お土産まで貰える。

お時間あったら寄ってみて下さい。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。