リーガルの靴をアウトレットで買って平気?ブランドが違うよ

リーガルシューズのアウトレット

皆さんはビジネスシューズや子供のローファーをどこで買っていますか?
毎日履くものなので、丈夫な物を選びたいものです。

「10年もつ」と言われるリーガルの靴。
価格は少し高いですが、確かに長持ちします。そんなREGALをお得に買えるアウトレットがあります。

いくら安いの?正規店と何が違うの?どんな製品を販売してるの?

という、僕が実際に気になった事をファクトリーストア八重洲店の店員さんに聞いてきました。

スポンサーリンク

ファクトリーストアとは

リーガルグループのアウトレット品を扱うのがファクトリーストアで、OUTLET MALLに店を構えていることが多いです。
東京からは近いのは、八重洲、幕張、入間、横浜、南町田の店舗。

一方で、百貨店などのデパートで良く見る「REGAL SHOES」は、リーガルの専門店。こちらの方が馴染みがあるのではないでしょうか。

もちろん、どちらも新品を販売しています。

近年のOUTLET MALLは、通常の店舗と同じ製品があったり、ワンシーズン前の製品を販売していることが多いですが、REGALの場合は、取り扱っている商品や価格が違うんです。

ですので、「普段からリーガルの靴履いてるし、アウトレット見つけたから買っちゃおう!」という単純な考えは失敗します。

シューズの種類は?

リーガルアウトレットはオリジナルの靴
ファクトリーストアで販売している靴は大きく3種類。

・アウトレットオリジナルブランド
・廃番品
・定価品の傷物

オリジナルブランド?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

実は、ファクトリーストアでは、REGALショップに並んでいる定価の靴は、ほとんど売られてません。

ブランド名も異なります。通常はREGALの文字が記載されていますが、ブランド名はworth collectionです。

リーガルファクトリーストアのオリジナルブランド
どうですか?中敷に書かれている文字が若干違うでしょ。

worth collectionはアウトレット専用品なんです。何が違うかというと、皮と型が違います。

皮は定価で販売できない箇所を使用し、型は昔の型を使用しています。

皮に関しては、ほとんど分からないですが、実は違うんですよね。

形は結構違います。あんまり格好良くないなと個人的には思います。

リーガルアウトレットのworth collectionとは

廃番品とは、すでに製造が終了しており、正規店では販売していない製品です。

逆に掘り出し物を見つけることができるかもしれません。

本当に少しですが、REGAL商品も売ってます。

定番のタイプは、ほとんどありません。店頭で扱っていて、試着などで傷が入り、定価で販売できなくなった商品が回されます。

リーガルの現品限りコーナー

店員さんと仲良くなったりすると、定価で販売している傷物製品の入荷情報を教えてくれるかもしれません。

値段はどのくらい安い?

値段は定価の3割ほどです。とてもお得です!

定価では、プレーントウ、ストレートチップは25000円くらいですが、ファクトリーストアでは17000円くらいで販売されてます。

アウトレット品は、カタチがかっこいいとは思いません。1度、雨の日用として、購入したことがありますが、愛着が持てませんでした。ただ、長持ちはしました。

せっかく頻繁に履くものなので、自分が好きで、納得した靴を購入したいと思いました。

普段から履く機会の多いビジネスシューズ、履く状況に応じて買う場所を選択してみてはいかがでしょうか。

長持ちする革靴をお得に買うなら、リーガルアウトレットはおすすめです。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。