ディズニーランドでベビーカーをレンタルして良かった理由

ディズニーランドのレンタルベビーカー

ディズニーランドやシーに行く時にベビーカーは持って行きますか?

パーク内で見かける赤いミッキー風のベビーカーをレンタルすることが出来るんです。

・電車やバスで行く時、ベビーカーが邪魔になって面倒。
・パーク内で遊んでいる時、子供が疲れて歩きたくないと言い出した。

こんな時はレンタルがオススメです。

うちは子供が2歳で、電車でランドに行くとき、京葉線が混むので出来るだけベビーカーは使いたくないので、パーク内でレンタルすることにしました。

実際にディズニーランド内でレンタルしてみた感想、借りる場所、料金、返却場所、リクライニング機能、何歳から何歳まで乗れるかの年齢を紹介します。

スポンサーリンク

借りる場所、値段、借り方は?何歳まで乗れる?

借りる場所ですが、ベビーセンターでは無く、正面エントランスを入ってすぐの場所です。

正面エントランスを入ると、目の前に丸い庭があり、奥にはワールドバザールへの入り口があります。

エントランス入って右側でベビーカーをレンタル

ここで、斜め右を見てみると、もう貸し出し場所が見えます。

ディズニーランドでベビーカーをレンタルできる

近づいてみるとRENTALSと看板があり、たくさんのベビーカーB型が並んでいます。車いすや電動カートもここで借りることが出来ます。

ディズニーランドのベビーカーレンタル場所1

キャストの方に借りたい旨を伝えると料金と年齢制限の説明をしてくれます。

値段は1日借りて1000円です。1度返却しても当日中であれば何度でも借りることが出来ます。

ディズニのベビーカーレンタルの値段

使用制限は、何歳から何歳までという表現はされず、身長100センチ以下、体重15キロ以下と説明されます。

年齢で見ると7カ月から4歳前後といったところでしょうか。実際のところは試し乗りができるので、乗ってみてレンタルするか決めるのが良いと思います。

借り方は簡単です。支払い→名前の記入→使用方法の説明の3ステップ。

借りると決めたら、料金を支払います。キャストの方に気になったことを色々と質問してみました。

ディズニーランドのベビーカーレンタル料金は1000円

Q「予約はできますか?」
A「予約は出来ません。しかし、2日連続で使用される場合は翌日分のお支払いを前日に済ませることが出来ます。」

台数に限りがあるのかと思いきや、無くなる心配はないので、予約は受け付けていないそうです。

Q「1人何台借りれますか?」
A「実際に使用される数だけ借りることができます。」

Q「使用後は消毒してますか?」
A「使用後は、掃除、消毒を行っています。」

使った後に、拭いて、消毒してくれるのは、安心して使えるので親にとってありがたいですよね。

Q「レンタル、返却場所はここだけですか?」
A「ココだけです。」

駅やバス停で返却できたらもっと嬉しいですが、貸し借りできる場所は、シー、ランド共に各1カ所だけだそうです。

支払いを済ませると、ベビーカー貸出証と名前カードが貰えます。

ベビーカー貸出証は、返却するまで捨ててはいけません。

ディズニーのレンタルベビーカー証明書2

ミッキーとミニーのカワイイ名前カードには、名前を書き、ベビーカーのフード位置に差し込みます。このカードは最後もらえます。

ディズニーのレンタルベビーカー証明書1

名前書くだけだと持って帰る人もいそうだと思ったんですが、出口でキャストがチェックされているので、盗難ができないように対策されています。

リクライニングが調節できるベビーカーの機能

名前を書き終わるとベビーカーを持ってきてくれます。

ディズニーランドのベビーカーレンタル返却場所

最後にキャストさんが使い方を説明してくれます。

ディズニーランドのレンタルベビーカーの使用説明

4輪タイプで各タイヤにストッパーが付いているので、ガッチリ止まります。

ディズニーベビーカーのストッパー

下側には荷物を入れることが出来ます。抱っこ紐はもちろん、お土産やポップコーンケースも入ります。

ディズニーランド・シーでポップコーンケースだけを買う方法

ディズニーベビーカーの荷物入れ

最も、借りる前に気になったのがリクライニング調節ができるかでした。フラットにはなりませんが傾きます。

フルフラットじゃなくても、子供は気持ちよさそうに寝むってました。

ディズニーレンタルベビーカーのリクライニングシート

座った状態、横にする状態とリクライニングは2段階調節が出来ます。

日よけもついていますがメッシュタイプのため、ほとんど意味がありません。

レンタルベビーカーの日差し除けは意味ない

日光が直では当たらないですが、日よけを通して赤ちゃんの頭に直撃します。タオルケットのようなかぶせる物を持参した方が良いでしょう。

折り畳みはとても簡単でした。後ろのレバーを動かして折り畳むだけです。

ディズニーランドのレンタルベビーカーの折り畳み

結構小さくなります。しかも自立タイプなので便利。

ディズニーランドのレンタルベビーカーは折り畳むと自立する

レインカバーやドリンクホルダーは付いていませんでした。急に雨が降った場合は、ベビーセンターで販売しているので、買って付けることが出来ます。

ベビーセンターで販売している商品

レンタルしてみた感想

混雑する電車でベビーカーを持って行くのは大変なので、お金はかかりますが、個人的にはレンタルして良かったです。

借りずに、抱っこやおんぶをすると夏場はお互いが汗かいて風邪ひいたら大変ですし、親御さんの肩や腰も辛いですよね。

使用後に消毒もされているそうなので、安心して使えるのも魅力の1つ。

ハイシートなので子供も景色が見れて喜んでいました。

最後に、マイナス点とまではいかないですが、気になったところをあげていきます。

ベビーカーが重くて、少し押しづらいなと感じました。

レンタルする人が多いので、置き場に置いた時に自分が借りたのがどれか分かり辛くなります。

ディズニーランドでレンタルベビーカーの割合

どれが自分の物か分かるように、目印になる物を持って行くと良いなと感じました。

頭側にフード無く直射日光が当たるので、日差しが強いときは、タオルケットを用意した方が良いなと思いました。

全体を通して、パーク内で借りれることは便利でした。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。