ボーネルンドのおもちゃが体験できる遊び場「キドキド」が人気の理由

ボーネルンド受付

知育玩具で有名なボーネルンドの屋内遊び場「キドキドららぽーと東京ベイ店」に2歳の子供行ってきました。

ルーピング、積み木やマグ・フォーマーをはじめとしたボーネルンドの有名なおもちゃを体験したり、雨の日でも体を動かすことができる遊び場で大満足。

料金やクーポン、混雑状況、アトラクションやおもちゃの内容、口コミや感想、子供の反応を紹介します。

イベントも定期的に開催されていて、雨の日や暑い日、寒い日などら、らぽーとにお買い物に行ったついでに屋内遊園地のキドキド船橋店に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

お得に入場!クーポン割引きを使おう!

「キドキド(KID-O-KID)」はボーネルンドが運営する子供が遊べる室内遊技場です。

キドキドは他の室内遊び場と違って有名な知育玩具がたくさん用意されていて、体を動かすだけでなく、頭も使い親子のコミュニケーションを取ることができることが人気です。

全国に20店舗以上あり、今回訪れたららぽーと船橋店も、いつも混雑しており、あまりの人気っぷりに入るのを敬遠していました。

特に土日は走り回るとぶつかるんじゃないかと心配でしたが、平日に訪れるとそれほど混雑していませんでした。

駐車場料金

車でお越しの方でもららぽーと船橋の駐車場の料金はお得なので安心です。

平日はいつでも何時間停めても無料です。

土日祝日は最初の1時間は無料です。それ以降はお金がかかりますが、利用金額に応じて無料になります。例えば1000円以上使うと+1時間無料なので、キドキドに入ると1000以上かかるので、必然的に2時間無料になります。

また、ららぽーとのカードを持っていると通常のタイプだと+2時間、クレジットタイプだと+3時間無料になります。

選べる料金プラン

キドキドでは子供だけでなく、大人の入場料もかかります。

キドキドららぽーと船橋の料金体系

料金体系は時間制、1デイパス、平日フリーパス、回数券の4つあります。土日祝日は時間制と回数券のみです。

初回は子供の反応を見るために時間制がおすすめですが、平日で90分以上滞在する場合は1デイパスが良いです。

大人はどれだけ長い時間いても1人500円です。

クーポンは「いこーよ」のサイトにありました。僕が利用した時は子供の入場料が200円引きでした。

僕が最終的に平日でしたが、時間制プランを選びました。子供1人+大人1人で70分で、400円+延長40分の400円+500円の合計1300円でした。

お子さんが誕生月の場合は、誕生特典として次回使える親子1人ずつ30分無料券が貰えます。お子さんが誕生月の方はスタッフに伝えて下さい。

営業時間は10時から19時ですが、入場できる時間は18時30分までです。

注意点はトイレが無い

キドキドで遊ぶ前には、あらかじめ知っておくと良い注意点がいくつかありました。

ボーネルンドの遊び場キドキドのルール

子供の入場できる年齢は6カ月から12歳です。上の子+6ヶ月未満の子供+保護者はOKだけど、6ヶ月未満の子供+保護者はダメみたいです。

キドキドららぽーと船橋の注意事項

子供3人に対して親が1人以上必要ですので、こどもが4人の場合は、2人以上大人が必要になります。

大人の途中入れ替わりができません。こどもを遊ばせて、買い物を交互にするという技は使えません。

もっとも重要なのが、中にトイレやオムツ替えをする場所がありません。しかも大人のトイレは少し離れています。再入場は可能ですが、あらかじめトイレをすませておいた方が良いです。おむつ替えは近くにたまひよベビールームがありました。

たまひよベビールーム

園内には飲み物の自動販売機だけはありました。遊び場では飲食禁止ですが、飲み物は一部スペースで飲むことができます。

キドキドららぽーと船橋の自動販売機

走って転んでも安心

キドキド内は安全面にもしっかり配慮されていました。

入り口には感染予防のためのアルコール消毒が置かれていました。使用を必須にされていないのが残念ですが、あると嬉しいですよね。

キドキドららぽーと船橋の消毒液

常にスタッフがう巡回されていて、落とし物をしても、出口にある落とし物コーナーに入れてくれるので、なくす心配は多少減ります。

キドキドららぽーと船橋の落とし物コーナー

無料のロッカーも完備されていて、荷物を入れる事ができます。

ベビーカー置き場は外ではなく、入場後のスペースに置くことができます。

ボーネルンドのベビーカー置き場

靴置き場はロッカータイプではありませんが、取り間違い防止のために子供と大人をとめるための洗濯ばさみが用意されていました。

キドキドららぽーと船橋の靴箱

こどもが走り回るエリアには一面にやわらかいマットが敷き詰められていました。転んでも痛くないよう配慮されていて安心です。

キドキドの安心マット

スタッフの方がひと通りの説明をされたあとは、入場ゲートを通り遊び開始です!

ボーネルンドあそびのせかい

ボーネルンドのおもちゃで遊べる

キドキドの魅力は、なんといってもおもちゃです。多くの知育玩具があり誰もが一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

おもちゃ以外にもアスレチック、スーパーノバやトランポリンなど体を動かすエリアのアトラクションや子供の様子をお伝えします。

遊び場は、おもちゃエリアと体を動かすエリアの大きく2つに分かれています。

知育玩具(マグ・フォーマーやルーピング)を体験

おもちゃエリアではと体を動かすエリアは分かれているので、玩具で遊んでいる最中にまわりをバタバタ走り回る子が少なく、静かに遊ぶことができます。

キドキドららぽーと船橋のボーネルンド知育玩具

ボーネルンドが扱う世界中の厳選されたおもちゃがたくさんでした。その中でも人気なのがマグ・フォーマー。

ボーネルンドのマグ・フォーマーを体験

プレゼントとしても人気があるマグ・フォーマーと言う、磁石のブロックです。このブロックは大人でも楽しめます。

ブロック同士がカチッとくっついたり、壁に貼り付けたりと楽しそうでした。

ZOOB(ズーブ)250と呼ばれる特殊なブロックもありました。対象年齢が5歳からということもあり、2歳の子供は興味を示しませんでした。

ボーネルンドのブロック知育玩具

カラフルギアと呼ばれるブロックです。壁に組み立てギアブロックとして遊べます。

ボーネルンドのカラフルギア

ボール転がし。うちの子はこのボール転がしが大好きで何度もやっていました。

ボーネルンドのおもちゃ

かな積み木。絵を見ながら積み木を使ってこどばを覚える知育玩具です。うちの子は全く興味を示していませんでした。

ボーネルンドのつみき

本格的なごっこ遊びもできます。

キドキドららぽーと船橋ごっこ遊び

魚屋さんなどの大きな小屋はもちろんのこと。

食材やキャッシュレジスター。このレジはディズニーランドのオフィシャルホテルであるシェラトンの屋内遊園地内にもありました。

■関連記事「シェラトンホテル舞浜のトレジャーズアイランドはおすすめできない?

キドキドららぽーと船橋のままごと

キッチンプレイタイムなどの調理器具関連も多数ありました。

キドキドららぽーと船橋のおままごと

なりきり遊びができるよう衣装まで用意されており、なんとも本格的。

ボーネルンドのごっこ遊び

赤ちゃんが遊べるエリアのベビーガーデンも完備されており、そこにもたくさんのおもちゃがありました。1歳半のおこさんしか入れないエリアなので、走り回ってぶつかったりという危険がありません。

キドキドららぽーと船橋のベビーガーデン

積み木、おさかなシロフォン黄やルーピングが置かれていました。

ルーピング

デパートとかで売られているこのおもちゃルーピングっていうんですね。この商品がボーネルンドのだとキドキドに来て初めて知りました。持ってたのに知らなかった。

その他にも、スポンジでできた当たっても痛くないしわくしゃボールやフリスビーのソフトソーサーのありました。体を動かすエリアで自由に使えます。

体を動かし親子でコミュニケーション

もう1つのエリアでは全身を使って遊べます。運動不足も解消できます。

キドキドららぽーと船橋の体を動かすスペース

お気に入りは滑り台、ピュアキッズ市川の滑り台に比べると迫力はないですが、楽しそうに何度もやっていました。

■関連記事「ピュアキッズ市川でクーポンを使って、2歳児と楽しめた理由

キドキドららぽーと船橋のすべりだい

透明の大きな筒状の中に入ってクルクルまわるアトラクションもありました。名前スーパーノバっていうんですね。恐がって中に入ろうとはしませんでした。

ボーネルンドのころがるやつ

巨大トランポリン。笑顔ではしゃいでいました。

キドキドのトランポリン

ボルダリングまでありました。うちの子は何をするものかわからず興味を示していませんでした。

キドキドららぽーと船橋のボルダリング

フラフープ。大小いくつものフラフープがありました。並べて「ケンケンパッ」と足遊びもできます。

ボーネルンドのフラフープ

ミニアスレチック。即席で作れるアスレチックです。小さい子向きということもあり、楽しそうに登ったり、くぐったりしていました。

キドキドららぽーと船橋アスレチック

みんな大好きボールプール。滑り台や真ん中には大きなブランコがありました。

ボーネルンドのボールプール

壁には穴が開いており、点数がかかれていて、ボールプールのボールを入れることができます。

キドキドららぽーと船橋のボールプール

限定イベントが魅力

キドキド内では親子で行うイベントがたくさん開催されています。基本的には無料で参加できるものがほとんどですが、有料のものありました。

キドキドららぽーと船橋のイベント

大きな布を使って、スタッフと一緒に子供とコミュニケーションが取れます。ふだん大きな布で遊ぶことが無いので楽しいです。子供も笑っていました。

ボーネルンドのリトミック

毎週火曜日と木曜日は1日2回(11:45、13:45)、布あそびイベントが開催されます。参加できるのは生後6カ月から1歳半までのお子さんと親御さんです。

誕生日イベント。毎月1回第3水曜日にしか開催されないレアイベントです。参加すると王冠と記念の手型スタンプを記録するシートが貰えます。

キドキドららぽーと船橋お誕生日会

対象は実施月にお誕生日を迎えるこどもです。参加人数は20人までと決まっているので、もし参加される場合は、当日少し早めに行ってスタッフに伝えると良いでしょう。

キドキドららぽーと船橋のお誕生日会

他には、パパイベントや運動会などがありました。行ったときにたまたま開催されていたら参加してみるのもありです。

70分しっかりと遊んで帰宅しました。

キドキド退場ゲート

口コミと感想

今回訪問して、キドキドが人気の理由がわかりました。

雨の日に子供が体を動かして遊べる遊び場というだけでなく、ボーネルンドが扱う世界中の厳選されたおもちゃをたくさん体験できるという面もあるからだと感じました。

マイナス面としては、トイレが中に無いのですこし不便です。あとはもう少し滑り台が大きいと良いなと思いました。

土日はむちゃくちゃ混雑していますが、平日は混雑していないので良かったです。

ららぽーとの隣のビビットにも子供が室内で遊べる場所「アメイジングワールド船橋」があります。大きな滑り台で遊びたい人や土日に混雑していない場所を選びたい場合はおすすめです。

■関連記事「「アメイジングワールド船橋」が屋内の遊び場に最適だった!

キドキドの横にはボーネルンドショップが併設されており、遊んで気に入ったおもちゃを買うことができます。

ボーネルンドショップ

雨の日が続いて運動不足ぎみ、屋内でも体を動かして子供と遊びたい、ボーネルンドのおもちゃを体験してみたいという方にはおすすめの遊び場「キドキド」でした。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。