毎月アンパンマンミュージアム横浜に通って分かった楽しみ方

アンパンマンショー横から

うちの子供はアンパンマンが大好きで、家族でアンパンマンミュージアム横浜に毎月行ってます。

初めて行くときは「いったいどんな場所なんだろう」と、下記のような不安がいっぱいでした。

・無料エリアでも楽しめるのかな?
・有料エリアってなにができるんだろう。
・ショーは早く並ばないと見れないのかな?
・食事はどんな物があるんだろう。

毎月通ったことで、疑問が解決して、楽しみ方が分かってきました。

初めて行く家族だけでなく、何度か行ったことがある人も「えっ!こんなのあったんだ」というアンパンマンミュージアム横浜の新しい気付きを紹介します。

スポンサーリンク

無料シャトルバス中止!横浜駅から徒歩がおすすめ

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

アンパンマンミュージアム横浜は立地がとてもよい居場所にあります。(2019年に移転になる話がでていますが、ほとんど場所は変わりません)

神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1
045-227-8855
ミュージアム10:00 ~ 18:00
ショッピングモール10:00 ~ 19:00

営業時間

最寄り駅のみなとみらい線の「新高島駅」と横浜市営地下鉄の「高島町駅」から歩いて7分ですが、JRで来る人は雨じゃない限り、JR横浜駅から歩いた方が良いです。

横浜駅から徒歩でのアクセスは簡単

横浜駅東口から歩いて15分のところにあります。行き方はとても簡単です。東口を地下街に入って行きます。

道のり6

百貨店そごうの方面に向かいます。

そごう

そごうまで来たら、日産グローバル本社ギャラリーの看板が出てきますので、地上へあがります。展示されている車を上から降ろしながら、日産グローバル本社ギャラリーを通り抜けてます。

道のり5

抜けると階段が見えますので、下に降ります。エレベーターもあるのでベビーカーでも安心。

道のり4

階段を降りたら、横断歩道を渡って、ひたすら真っすぐ歩きます。

道のり3

まっすぐ歩くと右側にアンパンマンのマークが見えてきます。

道のり2

無料シャトルバスの運行が終了

毎週日曜日は横浜駅東口とアンパンマンミュージアムの無料シャトルバスが往復で運行していましたが、2018年3月で終了しました。

無料シャトルバス

とても便利だったんですが残念です。有料の市営バスはありますので、バスを利用する方は横浜駅東口のバス停乗り場(のりば4 89系統 ぶらり野毛山動物園BUS)を使うと簡単です。。

土日の駐車場は激戦

車の方はミュージアムの目の前に有料駐車場がありますが激戦です。早朝または運が良くないと駐車できません。料金は最初の30分520円で、以降30分ごとに270円。3時間いたら、それだけで2000円弱。

駐車場

停めれない場合は近くの駐車場に停めるんですが、意外と距離があります。なにより駐車料金が高いので、できるだけ電車を使うことをおすすめします。

無料エリアだけでも子供は満足

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールには、1人1500円かかる有料のミュージアムと無料のショッピングモールの2つに分かれます。

無料エリア

アンパンマンショーや握手は、無料エリアで有料エリアでも開催されます。ミュージアム内に入る場合もモールで遊ぶ場合もショーを見たり、握手したい場合は、事前にネットでスケジュールをチェックしてください。

■参考:ホームページのイベント一覧

入場無料のモールだけでも、事前にイベント時間を把握し、計画を立てておくと十分に楽しめます。

にこにこ写真館で思い出を

入場してすぐの場所でスタッフが写真を撮ってくれるサービスがあります。背景は人気キャラクターがいっぱいです。

写真撮影

自分のカメラを渡して撮ってくれるのとは別に、スタッフのカメラでも撮影してくれて、気に入れば購入する事もできます。神戸では小さいサイズの写真が無料で貰えますが横浜では貰えませんでした。

シャッターサービス

写真について、おすすめしたいのが「ニコニコ写真館」です。

にこにこ写真館

フォトフレームやキーホルダーなど数多くのメニューから好きなものが選べます。季節でフレームが変わったり、横浜限定もあります。

写真館メニュー

その場でスタッフが撮影してくれます。スタッフがキャラクターのぬいぐるみをもってあやしてくれるので、小さい子供でもしっかりとカメラ目線でした。

写真撮影

是非作ってほしいオススメは「ちぇくちぃ~」というバイキンマンやドキンちゃんの中に子供の顔写真が入ったキーホルダーです。

キーホルダー

ママやパパが付けてもカワイイですし、おばあちゃんやおじいちゃんにプレゼントしても喜ばれます。

魅力的なお店がいっぱい

ショッピングモールにはアンパンマンに関連するお店がたくさん入っています。あまりにたくさんの種類があるので、全部みるのも大変なぐらいです。

「バタコさんの手作りハウス」では、バッグをはじめとした手芸グッズがたくさんあります。名入れもしてもらえるので購入したら、名入れしてもらいましょう。

バタコさんのてづくりハウス

「ふわふわぬいぐるみやさん」ではキャラクターの人形が売っています。おもちゃ屋でも売っていますが、横浜ミュージアム限定の商品もあるので狙い目です。

ぬいぐるみやさん

「キッズコレクション」はお洋服屋さんです。お店は全国にありますが、品揃えが多いです。

キッズコレクション

美容室もあります!土日は予約でいっぱいなので、平日の予約がおすすめ。

美容室

「森の本屋さん」はアンパン関連の本をたくさん置いてます。

森の本屋さん

「Anpanman friends」は文房具屋さんです。

文房具屋さん

「ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ」は女の子が大好きなアクセサリーや小物が販売されています。

ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ

うちの嫁はこのお店が大好きで、ヘアピンやシュシュを良く買ってます、コキンちゃんとドキンちゃんでカワイイです。

ドキンちゃんヘアピン

「アンパンマンテラス」には、おもちゃ、洋服、お菓子、といったありとあらゆるアンパンマングッズがあります。

アンパンマンテラス

おもちゃで遊べるコーナーもありますが物凄く混雑してます。

無料のおもちゃ遊び場

テラスで500円以上購入して、「誕生日です」と伝えるとお誕生日シールが貰えるので、是非貰ってください。ディズニーランドみたいなサービスです。(誕生日じゃなくても貰えます)

誕生日シール

風船も人気で高いんですが結構みんな買ってます。

アンパンマンの風船

ミニゲームでマントをゲット!

カーニバル王国ではミニゲームが楽しめます。

カーニバル王国

カーニバルゲームでは、好きなマントを付けてミニゲームに挑戦!1回900円ですが、マントが魅力的!マントの種類は定期的にかわるので全部集めたくなります。

カーニバルゲーム

選んだマントをつけて、スマートボールや輪投げやボール転がしを行います。2歳でも出来て、楽しめます。

輪投げ

マントは持ち帰ることができるので、うちの子は家に帰ってからもマントをつけて、はしゃいでました。

アンパンマンのマント

ゲームセンターにあるアンパンマン号。

ゲームセンター乗り物

釣りゲーム。ではボールを釣り上げて当たったものが商品とし貰えます。

ボール釣り

ひと通り遊びましたが、うちの子はマントを付けてするボール転がしが大好きでした。マントは家でもつけて遊んでます。

赤ちゃん連れに安心のベビールーム

小さい子供や赤ちゃんがたくさん来るところだけあって、ベビールームがしっかりありました。おむつを交換する台はもちろんのこと。

おむつ交換台

手洗い場、離乳食を温める電子レンジ、ミルクをつくるお湯もあります。

電子レンジ

加湿器付きの空気清浄機まで置かれていました。乾燥する季節や花粉の季節はうれしい。

加湿器

身長を量る目盛りもついてました。

身長測定

細かいところまで演出

ショッピングモールの床には至るところにキャラクターが隠れていました。大人からするとなんてことないんですが、子供はこういうのが好きで楽しそうに探してました。

床にしかけ

キャラクターがイラストされたコインロッカーも完備されています。

コインロッカー

ATMもありました。

ATM

ゴミ箱までアンパンマンの絵が描かれていました。ゴミ箱もたくさんあって便利です。

ゴミ箱

なんとトイレまでしょくぱんまんやチーズが。本当にアンパンマン一色で細部にまでこだわりがみえます。

トイレ

ショーの場所取りは40分前から

無料エリアでもアンパンマンショーはあります。音楽に合わせて踊ってくれるので、子供も大興奮。

アンパンマンショー横から

しかし、土日に限らず平日でも、すごく混雑しています。落ち着いて良い位置で見るには早くから並んで席を取る必要があります。

コンサート開始の30分前には前の方が既に埋まっています。冬の寒いシーズでさえ30分前にはこの人の多さ。先頭の人は始まる40分前ぐらいから並び始めます。

開始30分前

シートは用意されているので、自分たちでレジャーシートを持って行く必要はありません。

シート

コンサート開始20分前はほとんど後ろです。ジャムおじさんのパン工場のあたりまで並んでいます。

コンサート開始20分前

因みにここから見るとコンサートはこんな風に見えます。結構遠いですね。

パン屋からのショー

開始直前はもう人であふれかえってます。

混雑してるアンパンマンショー

最後尾から見るとこのように見えます。子供を肩車するとかろうじて見えます。

アンパンマンショー最後尾

真横から見るとすごく近いです。このぐらいの距離で見れたら迫力があって、子供も大喜びです。

アンパンマンコンサート

無料でコンサートが見れるのはいいですが、前の方で見ようとするとコンサート開始の40分前には席を取っておかないといけません。

握手の時間もあります。キャラクターがきて握手やハイタッチをしてくれます。

ホラーマンの握手会

レストランや食事をするのも入場料無料なので、モールエリアだけでも満足できます。

レストランは激混み!パン屋2階が穴場

レストランも入場料は無料です。レストランは2つあり、それ以外にも食べるものはあります。

ペコズキッチンは予約必須

横浜アンパンマンミュージアムに行ったら、行ってみたペコズキッチン。キャラクターメニューがあったりと1番人気です。

アンパンマンミュージアム横浜のペコズキッチン

あまりの人気に待ち時間は3時間は当たり前。イーパークのサイトから事前予約をしておくと良いです。出来なかった場合は、到着したらすぐに店舗で順番待ちの発行を。

アンパンマン&ペコズキッチンの予約

おすすめはバースデーパック。キャンドルサービス、記念写真、風船、デザートがついて550円です。

アンパンマン&ペコズキッチンのバースデーパック

最高のお子さんの誕生日になります。詳しいメニューやバースデーパックの内容は、「アンパンマンミュージアムのペコズキッチンを予約した。メニューや誕生日プランは?」で詳しく紹介しています。

うどんのどんぶりがお土産

うどんちゃんのやたい

うどん屋さんも人気です。きつねうどん、天ぷらうどんとメニューも豊富。席は外ですが、回転が速いので比較的座ってゆっくりたべることができます。

椅子

おすすめメニューはお子様うどんです。なんとカワイイどんぶりが持って帰れちゃうんです。食べた後のどんぶりを洗うところもあるし、袋ももらえるのでおすすめです。

お子様うどん

ドキンちゃんカフェ

ドキンちゃんカフェ

ペコズキッチン以外のレストランはこのドキンちゃんカフェです。ドキンちゃんカフェは予約制ではなく、列に並び必要があります。メニューは軽食でバーガーがメインです。

ハンバーガー

他にはサンドイッチやホットドックと行ったパン系。

ドキンちゃんカフェメニュー

お子様メニューにはエプロンが付きますが、使い捨ての布エプロンでした。ちょっと残念。

エプロン

わざわざ並んで食べなくても良いかなというレベルです。

ジャムおじさんのパン工場にカフェ!?

ジャムおじさんのパン工場

座って食べるにはペコズキッチンかドキンちゃんカフェに入るしかないですが、実はジャムおじさんのパン工場にも座って食べれるカフェがあるんです。

パン工場カフェ

持ち帰りをする人が多いので、意外と知られていない穴場です。入るまでの列がすごいですが20分程まてば大丈夫です。パンもクオリティーが高く、たべるのがもったいないぐらい。お土産や手土産にもなります。

アンパンマンのパン

メニューやパンの種類は「アンパンマンミュージアムのパンの楽しみ方。値段やメニューは?」で詳しく紹介しています。

手軽におにぎり

ふっくらごはん工場

おむすびまんのおにぎり屋さんもあります。メニューはおにぎり、ライスバーガー、味噌汁。

おにぎり屋さんメニュー

よく豚汁とおにぎりをかって椅子に座って食べてます。

おにぎり

専用の席はないですが、混んでないですし、手軽に食べれて美味しいので個人的には結構おすすめです。

かわいい人形焼き

できたてStation

スイーツもあります。人形焼きやクレープ。アンパンマンの形をした人形焼きはかわいいです。

人形焼き

作りたてのジュースも売ってました。

ジュース屋さん

ポップコーンケースがカワイイ

ポップコーン屋さん

キャラクターポップコーンケース付きのポップコーン売り場がありました。ドキンちゃんにバイキンマンと定番が揃っています。コキンちゃんを買って自宅で玩具入れにしています。

ポップコーンケース

お店がたくさんあって、どこにしようか悩んじゃいますね。初めて行く方はイーパークで事前予約してペコズキッチンがおすすめです。

お土産は横浜の限定商品を狙う

お土産はたくさん買えますが、どこにでも売っている商品も多数あります。(というかほとんどがそう)せっかくなので横浜アンパンマンミュージアム限定の商品をゲットしたいですよね。

トモダチへのお土産にできるクッキー。

限定クッキー

ボールやブロックのおもちゃ。

限定おもちゃ

お風呂で楽しめるびっくらたまごまでありました。子供に良く「買って」と言われて買ってしまいます。

■関連記事:アンパンマンのびっくらたまごで子供がお風呂好きに!見分け方に裏技が。

ビックらたまご限定品

子供用のTシャツ。

限定Tシャツ

バタコさんの手作りハウスで売っているリュック。名前を入れてもらえば、人と被らない自分だけのリュックにできます!

限定リュック

アパレルのキッズコレクションでも横浜限定があります。可愛い物が多いです。

横浜限定キッズコレクション

ビスケット屋さんで販売している缶のクッキー。おもちゃ入れとして子供のお気に入りになってます。

ビスケット屋さん

クッキー

有料エリアには、有料エリアだけの限定商品もあります。左上が館内限定商品です。

限定グッズ

カワイイ限定品がたくさんあるので、目移りしてしまい、ついついたくさん買ってしまいます。

ミュージアムに入る2つのメリット

ミュージアム入り口

無料エリアのモールだけでも面白いんですが、有料の横浜アンパンマンこどもミュージアムもあります。無料との違いは何のか気になりませんか?高いし入場しなくてもいいかなと思っていたんですが、値段が高いだけあってメリットもありました。

土日の場合、有料エリアに入るのに列ができるため時間がかかります。10時オープンですが、10時半に着いた時は45分程並びました。10時半からのニコニコおたんじょうかいというキャラクターと写真が撮れるイベントに参加するには、9時半から並んでおいた方が良いです。(人数制限なし)

ミュージアム横浜入場の列

ちなみに、午後のニコニコおたんじょうびかいは人数制限があり先着順です。13時半には20名弱並んでいました。

えがお100倍!ニコニコおたんじょうかい夕方

入場料は1歳からかかり、1人1500円です。家族3人でいくとなんと4500円。年パスはありません。頻繁に来る人向けに作ってほしいものです。入場料が毎回ばかになりません。

チケット売り場

子供は非売品の限定グッズが貰えます。定期的に商品はかわってます。

有料エリアのおもちゃ

ベネフィットステーションの会員のかたはクーポンを提示すると非売品の粗品が追加で貰えます。

非売品の粗品

裏面はこんなかんじ。

ベネフィットステーションを使ったアンパンマンミュージアムの粗品

館内にはベビーカー置き場があります。

ベビーカー置き場

モールにもありますが、館内にもコインロッカーがあります。

コインロッカー有料

無料で水やお湯が貰えます。

無料の水

再入場はできますが、2階でスタンプを腕に押してもらわないといけません。

再入場受付

アンパンマンとの距離が近い

メリットの1つ目は「やなせたかし劇場」です。

やなせたかし劇場

やなせたかし劇場ではイベントでアンパンマンショーをやっています。

無料エリアで開催されるコンサート会場と違い、夏は涼しく、冬は暖かい場所で座ってコンサートがみれるんです。しかも比較的キャラクターから近いところで。

土日など混雑している時は開演20分前ぐらいから席を取っておかないと立ち見になってしまうので、念のため早めに席の確保をした方がよいです。開始までは子供が飽きないようにアニメが流れています。

やなせたかし劇場の中

アンパンマンやバイキンマンが登場して歌に合わせてダンスをしてくれます。

アンパンマンショー

近くで見れるので子供はずっと大興奮。

アンパンマン

走り回って結構ちかくにまできて、手を振ってくれます。

バイキンマン

たくさんのキャラクターと握手

メリットの2つ目は、キャラクターの握手会が頻繁にあることです。イベントタイトルの「ふれあいタイム」にはたくさんのキャラクターが登場してくれます。それ以外にもキャラクターが出てきてくれるのが本当に魅力的です。

アンマンパンハロウィン

しかも色んなキャラクターがきます。モールでもたまに来ますが、館内だと頻繁に登場してくれます。こむすびまんまで!(おむすびまんではありません)

こむすびまん

近くまで行って、ギューッとしてくれたり、一緒に写真を撮ってくれたりと子供の印象にもすごく残ります。記念にもなりますし。

メロンパンナ

バイキンマンは子供に大人気。

バイキンマンと握手

しょくぱんまん様、顔が大きい。

しょくぱんまんと握手

ジャムおじさんは・・・。

ジャムおじさんと握手

地味に人気のカレーパンマン。

カレーパンマンと握手

うちの子供はコキンちゃんが大好きなので、コキンちゃんの時は大喜び。

コキンちゃん

他にはどんなものがある?

館内は他にも展示物がありますが、個人的にそこまで魅力が感じられませんでした。2回目以降は館内に入場しても、滑り台、やなせたかし劇場と握手会しか行ってません。

館内は3階建てになっていて、1階は滑り台があります。

滑り台

お土産売り場もあり、有料エリア限定品が買えます。

館内限定商品

限定品のストレッチボールで遊べるエリアも。

ストレッチボール

2階は展示スペースです。SLマン。

SLマン

絵が展示されていたり。

絵

人形劇が開催されたり。

人形劇

アンパンマンのおもちゃで遊べるコーナーがあります。テラスの遊び場は激混みでしたが、こちらはそこまで混雑していません。

玩具遊び場

3階はキャラクターの置物がありました。

3階の置物

アンパンマン号も。記念写真を撮るには良い場所でした。

アンパンマン号

1歳からお金を取られますが、アンパンマンショーが近くで見れること、キャラクターと握手ができることを考えたら良いのかなと感じます。ちょっと高いですが(しつこい)

まとめ!ここだけはチェック

無料エリアのモールと有料エリアのミュージアムに分かれる横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールですが、子供からすると最高に面白い場所です。

うちの子は毎日「アンパンマンミュージアム行く?」と言ってくるぐらい大好きです。

アンパンマンが好きなら、ショーが近くで見れて、たくさんのキャラクターと握手できる有料エリアに入った方が子供は喜びます。

ゆっくりショーを見たり、アンパンマンとのツーショット写真やキャラクターを独り占めするホテルプランもあります。
■関連記事「ホテルのアンパンマンショーは食事も付いて快適だった@ニューオータニ幕張

ペコズキッチンの事前予約、ジャムおじさんのパン工場の2階のカフェで一休み。横浜限定商品をゲットして、子供と充実した良い1日を。

スポンサーリンク

記事に興味を持っていただけたら、シェア頂けると嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。